天災にも強い車両保険

最近、暑くなり夏も本番。そのせいか集中豪雨による増水でお車が被害に遭われるケース少なくありません。エンジンが壊れたりヒョウによる降水でボディがぼこぼこになってしまうケースなどかなりの修理費用が掛かってしまいます。今年の雪害もかなりの方が被害に遭われてました。そんななか意外と知られてなかったのが車両保険で天災(地震、津波、噴火などは含まない)による事故、被害に対応できるという事を知らない方がいた事でした。衝突事故などと違い天災や飛び石、盗難などは無過失事故といい等級も1つ下がり次の更新時は保険料は上がってしまうものの過失事故と違い比較的保険が使いやすいものです。修理金額も20万円から50万円の修理費用も少なくはありません。クルマを買い替えるのも安くはないので保険に入ってない方が困ってしまう事も少なくはないのです。
 車両保険は高いイメージはありますが車種によってはそこまで高くないクルマもあります。天災で被害に遭った方がこの車両保険を使いかえって得だったよと言ってた方も多くいらっしゃいます。この機会に見直しや確認をしてみてはいかがでしょうか?プラチナドライブでは三井住友海上の保険会社を取り扱ってます。オイル交換のついでに保険の見直しや確認などもいいのではないでしょうか。当店ですと事故修理お見積りと保険を使った場合の保険料の計算などが同時に確認、ご相談できます。最近は保険料も上がりなかなか使いづらくなってます。事故修理の金額によっては保険使わずリサイクルパーツを利用した低額修理もご案内しております。できる限り出費を抑えてできる賢い修理方法をご案内しております。
 事故は起こってほしいものではないのですが起ってしまった場合どうお客様のサポートできるか。今後もプラチナドライブの課題となっております。